High Time

「まだ見ぬ西暦2800年、来世のモダンパーティーとはこれ如何に?」

ドンストップ・ザ・グルーヴ! A. D. 2. 8. 0. 0. !
2017.4.23 (SUN) "high time" @ KATA
一年ぶりに降臨!!

Date: 2017.4.23 SUN 14:00

Entrance: ¥1,500(No Drink)

Venue: KATA (LIQUIDROOM 2F)

DJ: SEKI,SHINKAWA,YO-C,MOA

VJ: Jun Kanomata

groupy_Tee: ¥2,000(tax in)

size: M L XL

groupy_Hoodie: ¥3,000(tax in)

size: M L XL XXL

DJ SEKI

SEKI

▲1987年【Tokyo Air Runners = TAR】名義で東京発ストリートウェアブランドの活動開始。 以来、メディアには極力露出せず、ストリートレベルでの「クチコミ」の破壊力だけを信じ活動を続け・・・現在もなお活動を継続中のインディーズウェアブランド代表。 また、80年代後半に「四谷 J.BOND」にてDJデビュー。 その後、ハードコアエレクトロヒップホップユニット「HI-TECH GROOVE」のDJ兼サウンドクリエイト、「下北沢 ZOO」でのレジデントDJ、「川崎 CLUB CITTA’」でのビッグイベント「DJ SUPER STARS HIT PARADE」、「渋谷 CAVE」でのレギュラーパーティー「VILLAGE」のオーガナイズなど多方面に渡り精力的に活動。 新鮮な空気と水を求め活動拠点を新潟に移してからは、地元テクノパーティーにも多数参加。 現在、新宿にて不定期開催されるオリジナルスタイルのパーティー「TWILIGHT」をオーガナイズしプレイ中。

http://tarlab.jp

DJ SHINKAWA

SHINKAWA

1993年、イギリス滞在中に'TRADE'などを中心とするロンドンクラブシーンに多大な影響を受け、DJになる決心をし帰国後活動を開始。伝説の巨大クラブ芝浦GOLDでのTHE PRIVATE PARTY でのデビュー。そして、今は無きDELIGHTでのパーティー'JUMPINN' 'が狂信的な人気を博し、その評判は日本のクラブシーン全体に知れ渡った。以降、着実に経験を積み重ね、オリジナリティー溢れる独自のサウンドを創りあげたDJ SHINKAWAの最近の活動には目をみはるものがある。現在は、六本木VELFARREでの'CLUB SHINKAWA? を始め、麻布十番LUNErSでの'CROSS OVER'、青山MANIAC LOVEでの'CYCLE AFTER HOURS'、大阪 UNDER LOUNGE での'WARP DA DISCO'などでレジデントレギュラープレイ。今や、日本において現在最も人気を博した実力あるDJに成長している。 また、海外でも1998年11月にオーストラリアのパースにてメインDJとしてプレイを皮切りに2000年および2001年でのUKツアー。2002年6月の中国ツアー、9月のロンドン・アムステルダムツアーと精力的に活動を行っている。 制作活動も精力的にこなし、哀愁ゲイサウンドの頂点ともいうべき'COME AND RESCUE ME'のSHINKAWAによるカバーを含む2種類のミニ・アルバム「CROSS」と「OVER」が1997年7月1日に発売。他にもイタリアのレコードプロダクションNukleuzとコラボレートした「Pump Up The Media」など数々の作品を残している。ハウス、テクノ、ワープといったジャンルを独特の表現方法で自由に操る彼のサウンドは、リスナー、クラウドの1人ひとりにHAPPINESSを与えつづけるだろう。

https://www.facebook.com/pages/djshinkawa/281788328507329

DJ YO-C

YO-C

93年ロンドン<DATE FELLOW CLUB>でDJデビュー。 帰国後、ロンドン仕込みのテクニックとアッパーかつファンキーなDJスタイルでクラブミュージック界にセンセーションを巻き起こした。そのDJテクニックは進化し続け、テクノ・ハウスはもとよりクラブ ミュージックのボーダーレスな新たな世界を造り出す。そして、DJプレイとスマイルでフロア中を笑顔で満たしていく。現在、「UNiON」@club Arch、「DriveEasy」@渋谷 RockWest、大阪Lunar Club等のレギュラーパーティーの他、日本各地でもゲストDJとして多数プレイ。また、元気ロケッツ「Star Surfer」のリミックスを手掛け、人気、実力共に誰もが認めるDJとして評価されている。

MOA(CARIZMA)

MOA(CARIZMA)

テクノレーベル『CARIZMA』主宰。数々のテクノパーティーのレジデントDJとして活動し、2004年に自身のレーベル『CARIZMA』を設立。KagamiやJJ Flores & Steve Smooth、NEONなど国内外の精鋭を続々とリリースしている。2006年コンピレーションCD「day dream bleeper」のコンパイル&DJミックスを担当、2007年にはレーベルコンピレーション「Championship Midnight Carizma」において初の楽曲を発表した。2009年3月には初シングル「Imitation Goldmotion」をリリース。2010年にはTOKTOK、Arai Lazer、A-Inc、NEWDEALへリミックスを提供、同年8月に横浜アリーナで開催されたWIRE10にはサードエリアにゲストアーティストとして出演した。2011年、2作目となるシングル「Silverstar Alone」をリリース、2012年には3作目となる 「Majestic Payday」を発売、配信サイトのセールスチャートへランクインするなど好評を得る。2014年にはCARIZMAレーベル設立10周年を迎え、2月にシングル「Houkago King To Inokori Savage」を発表した。本気と冗談の入り混じる情熱的でカラフルなDJスタイルで日々フロアを「鳴らし」続けている。

http://carizma.jp

jun kanomata

JUN KANOMATA

プログラマ、デザイナー、VJ。
2000年頃に活動開始、小箱のパーティーからビッグフェスまで多くの現場で暗躍する。ビジュアルコーディングを用いた表現とフィジカルなスイッチングの組み合わせでフロア全体に意味を与える演出を行なう。

Booking for A.D.2800   >>> party@ad2800.com